ユースコーチに何が必要か

指導上の留意点

1〜4は Coaching Youth Basketball(American Sport Education Program)より引用

 

1、ユースコーチに何が必要か

C-Comprehension・・・・・・総合的理解(ルール、技術、戦術、トレーニング、怪我etc) 

O-Outlook・・・・・・・・・・・・・見通し、哲学、信念

A-Affection・・・・・・・・・・・・愛情、思いやり

C-Character・・・・・・・・・・・人格、品性

H-Humor・・・・・・・・・・・・・ユーモア

 

2Outlookに関して

1)どの状態を最も誇りに思いますか?

  a、選手達がバスケットボールをプレーすることを楽しんでいるのがわかる

  b、全選手の技術が上達するのを発見できる

  c、チャンピオンになれる

 

2)どの文があなたのスポーツに対する考えに近いですか?

  a、もし楽しくなければ、やらない方がよい

  b、誰もが毎日なにかを学ぶべきである

  c、スポーツは勝てなければ楽しくない

 

3)教え子たちに自分のことをどのような存在として覚えておいて欲しいですか?

  a、バスケットボールの楽しさを教えてくれたコーチ

  b、バスケットボールの良い基本を鍛えてくれたコーチ

  c、勝利の記録を残してくれたコーチ

 

4)選手の親たちからどんな声をききたいですか?

  a、ビリーは今年バスケットボールのおかげで実に充実した時間を過ごす事が出来た

  b、スージーはバスケットボールの技術が上達した

  c、ボビーは光栄にも選抜チームの一員に選ばれることができた

 

3、あなたはどんなコーチですか(自己採点して下さい)

     1…全く駄目            3…普通               5…大変そのとおり

1) Comprehension(総合的理解)

  @  特別に勉強することなく一般の人にルールの説明をすることができますか?      

  A  安全にバスケットボールの練習計画を企画し、指導できますか?                             

  B  日常的に頻発する怪我に対する応急処置ができますか?                                             

2)Outlook(見通し)

C  コーチングをする時に勝利より選手の興味を優先させていますか?                     

    D  毎回のミーティングや練習を計画にのって実行していますか?                             

E  シーズンの終わりに選手達にこんなプレーをして欲しいというビジョン

  がありますか?                                                                                                                      

3)Affection(愛情)

F     子どもと一緒に活動する事が好きですか?                                                                   

G     辛抱強く新しい技術の指導をすることが出来ますか?                                               

H     気になる事(注意したい事)をきちんと伝えることが出来ますか?                      

4)Character(人格)

I     言動に矛盾がなく一貫していますか?                                                                             

J     選手たちの御手本になっていますか?                                                                             

K     ゲームの前、最中、後に起こりうるマイナスの感情をコントロール出来ますか?   

5)Humor(ユーモア)

L     選手に対しいつも笑顔で接していますか?                                                                        

M     あなたの練習内容は面白味がありますか?                                                                        

N     自分の失敗に笑って対応する事ができますか?                                                               

 

、どうやって技術を教えたら良いのか

I-Introduce the skill・・・・・・・・・・技術を紹介する

D-Demonstrate the skill・・・・・・示範する

E-Explain the skill・・・・・・・・・・・内容を詳しく説明・解説する                                                   

A-Attend to Players Practicing the Skill・・・…選手の技術練習に注意を払い、対応する

5、具体的にはどのようにして技術練習を発展させていくのか

例)バックビハインド・ドリブルを教える

 1)上記4のI〜Eをおこなう。

 2)ディフェンスなしで行う

 3)ダミーディフェンスを置く

 4)バックビハインドが必要な局面を意識的にディフェンスに作らせる(ディフェンス主導)

 5)ドリブル1対1の中で習得する

 

6、ハーフコートの3対2という練習でも色々と条件を設定する事によってさまざまな練習効果が期待出来る

 

1)目的)ディフェンスのカバーリングの感覚を掴ませたい

     条件)オフェンス3人は誰が攻撃しても構わない、積極的にゴールに向かったカット   

          (ドライブインを含む)を行う

2)目的)ディフェンスにシュートチェックをさせたい

     条件)・オフェンス3人はアウトサイドに位置取りをさせる(3人の距離は最初は

           3m感覚、上達したら距離を広げる)

ノードリブル→ワンドリブル

3)目的)マンツーマンディフェンスの2線・3線のポジションを正しく取らせたい

    条件)・オフェンスの1人はフリーマンとする

  4) 目的)2人のポストマンのスクリーンを上達させたい

   条件)・ポストマンの2人にはディフェンスがつき、オフェンスの1人はフリーマン      

    とする

7、ディフェンスの構成要素

(1)ポジション

(2)ビジョン・スタンス

(3)ローテーション

(4)スクリーンアウト(ボックスアウト)

(5)コミュニケーション

(6)その他 ・ハンズワーク

             ・フットワーク

 

 

1)ポジション

2)
ビジョン・スタンス

 


@1線

A2線

B3線

 

3)ローテーション


 


4)スクリーンアウト

         ・フロントターンとリバースターンの使い分け

 

 

5)コミュニケーション

スクリーンを教える

ヘルプの位置(特に後ろ)を教える

居なくなることを教える

マークマンを確認する

 

8、マンツーマンにおけるチームディフェンスの練習

 

4対3(4対2、5対3)

(1)シェルディフェンス(オフェンスの移動なし)

(2)ドリブルチェース

(3)シャッツ・ザ・ゲート

(4)ローテーション

(5)スクリーン

(6)スクリーンアウト

 

9、オフェンスの構成要素

 

(1)シュート・セレクション(何時シュートすべきか)

(2)スペーシング、ポジショニング(どこにいるべきか、どこに動くべきか)

(3)パス・セレクション(誰に渡すか、何時わたすか)

(4)ペネトレーション(どうやって突破するか)

(5)リバウンデイング

(6)セーフティ&ハリーバック

 

 

(1)      シュート・セレクション

シューターの気持

入る 

 入らない ×

 

入る    

周りの選手の気持

打って欲しい

打って欲しい

打って欲しくない ×

総合評価

     

      

        

ゲーム中のシュートの4場面