8 散歩、サイクリング、ローラーブレード     

アメリカ人は散歩が好きである。老夫婦が、恋人同士が、近所の人達が、会話を楽しみながら、若者がヘッドホーンで音楽を聴きながら、兎に角ありとあらゆる人たちが散歩を楽しむ。天気が良い日ばかりかというとそうではない。雨の日に合羽を着て散歩している人もいる。サイクリングもしかりである。風の強い日、雨の日に幌付きのベビーカーを引っぱって自転車に乗っている人さえいる。ホリデーには車のルーフに自転車を載せてお出かけだ。屋外の空気に身を浸しておく事がとても好きなのだ。

 アメリカの文明はほとんど日本に入っていると思っていた。しかし自転車だけは例外のようだ。イージーライダーのように仰向けに寝た姿勢で漕ぐもの、手も動力として使うもの、タンデムならぬ3人乗りのもの、親子の2人乗りのものなどまだまだ数え切れないくらいある。近い将来日本にも入ってくるのだろうか。

 日本でも流行しているローラーブレードは単なる遊び道具としてだけでなく、移動を速くする足としても使われている。ここオレゴンは交通法規が緩いのか道路でもローラーブレードはOKのようである。日本だと「事故が起きたらどうする」で大騒ぎだろうが、事故を目撃する事は無かった。小さい時から慣れ親しんでいるせいか、とても上手に滑っている。ローラーブレードを履いてベビーカーを押しながら走っている人を見かけた。こんなおおらかな雰囲気の中にいると、自分も滑れそうな気がしてくる。

BACK   NEXT  TOP