戻る
ハンドリングテストの5種目について紹介します。

1種目あたりの測定時間は20秒間です。

1.ボール回し

 頭→腰(こし)→膝(ひざ)→腰→頭(以下繰り返し)の周りを、ボールを体につけないように手を持ち替えながら移動させる(回す)。10秒経過後は、回す方向を逆転させる。各部位を回す度に1点を加算する。(10秒経過後に一度ストップして、方向転換の用意をして再び10秒をカウントして構わない。)

ねらい→ボールの重心を捉え、片手でボールを保持する。





2.股下クロスキャッチ

 身体の前後から両手を股下に伸ばし、ボールをつかむ。ボールを軽く放り上げ、素早く左右の手を入れ替え、床にボールを落とさないようにして再び股下でボールをつかむ。成功したキャッチ1回につき1点とする。

ねらい→手の敏捷性を養う。





3.開脚V字姿勢8の字ボール回し  床に膝を伸ばして座る。その姿勢から軽く足を開き、足を挙げながら8の字を描くように膝の周りでボールを回す。脚は片方ずつ挙げても両方挙げてもかまわない。膝の内側から通す方法と、外側から通す方法がある。10秒経過後は、通す方法を変える。片足を回すたびに1点加算する。(10秒経過後に一度ストップして、方向転換を用意した後に再び10秒をカウントしてかまわない。)

ねらい→重心を捉えた片手での保持能力とともに、体幹部の筋力養成を図る。






4.レッグスルー・三角ドリブル

 片方の脚の周りを一方の手だけでドリブルする。右脚に対しては右手、左脚に対しては左手でおこなう。ドリブルの進行方向は、脚の外側から股下にとおす方向とする。  上手くなると3バウンドで一周できるので、ボールの軌跡(きせき)は三角になる。(手首の望ましい使い方という意味からは、下図のような直角三角形の軌跡になると良い)
 10秒経過したら、逆脚・逆手に変える。バウンドの回数ではなく、脚を一周する度に1点加算する。(10秒経過後に一度ストップして、方向転換を用意した後に再び10秒をカウントしても構わない。2バウンドで1周させてはいけない。)

ねらい→素早い手首の方向転換を養成する。






5.ツーボール・ドリブル・両足回し

 左右の手でドリブルをする。タイミングを見計らって2つのボールをチェンジ(交換)する。1つのボールは身体の後ろで、もう1つのボールは前で移動させる。すべての動作はドリブルをしながら行う。
 10秒経過後は、移動の方向を逆転させる。1回の交換を1得点とする。(10秒経過後に一度ストップして、方向転換を用意した後に再び10秒をカウントしても構わない。)

ねらい→1回のドリブルにおけるボールとの接触時間を長くする。